人物関連

芝田冬樹(叶匠壽庵)の年齢や経歴・結婚は?和菓子の販売店もについても

どうも!めるです^^

今回の話題は

次回のカンブリア宮殿に出演される

叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん)

という和菓子屋の

3代目社長、芝田 冬樹さんについてです。

私は和菓子よりもどちらかというと洋菓子の方が

好きなのですが、

みなさんはどうですか?

和菓子だったら、みたらし団子やいちご大福、

わらび餅が大好きです^^

そんな和菓子店を全国80箇所の

百貨店で販売しているという叶匠壽庵。

すごいですね〜〜

和菓子って、正直昔ほどの需要が

無いと思うんですよね。

やっぱり世間ではきっと洋菓子の方が人気でしょうし、

クリスマスや誕生日、バレンタインと、

全て洋菓子メインのイベントじゃないですか。

そんな中で、現在和菓子ブームが

密かに始まってるそうで、中でも海外に

ウケているそう。

今回はそんな中様々な戦略で勝ち抜く

田社長についてまとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

 

芝田 冬樹 プロフィール

 

名前:芝田 冬樹(しばた ふゆき)

生年月日:1964年(現在53歳)

結婚:不明

 

芝田さんの経歴ですが、

1984年、芝田さんが33歳の時に叶匠壽庵に

入社されました。その後2002年に企画室長に

就任。以後、商品企画室長兼生産副本部長。

執行役員・生産本部長兼商品本部長に就任され、

2009年、副社長就任。

2012年5月に、代表取締役社長に就任されました。

 

 

この和菓子店、叶 匠壽庵を創立したのは

冬樹さんの義理のお爺様である

故芝田清次さんが創立されました。

そして、清次さんの長男である

芝田 清邦さんが2代目社長、

清邦さんの娘婿の冬樹さんが

3代目として現在の社長業をされています。

冬樹さんは婿養子なんですね。

また、叶匠壽庵がここまで大きくなったのも、

和菓子の原材料へのこだわりももちろんそうですが、

何よりお客様に対しての接し方ではないでしょうか。

というのも、こんなエピソードがあります。

清次さん(創業者)は、街で叶 匠壽庵の紙袋を見つけると、

「叶 匠壽庵の社長の芝田でございます!

お買い上げいただきありがとうございます。」と

どんな場所であっても飛んでいってお客様にお礼を

言ったそうですから、周りから見れば恥ずかしかった

そうですが、その愚直さは従業員に伝わり、

伝説のサービスを沢山つくっています。(_引用

スポンサードリンク

そういったことから

信頼が厚くなってここまで大きな和菓子店に

なったのではないでしょうか。

また、それに共ない、叶匠壽庵は

時代に合わせて様々な事業展開もしています

和洋菓子の製造・販売

茶室、茶事(点心料理と茶席)

一般飲食事業(喫茶、甘味処)

現在はこの3本立てで事業をしているんですが、

甘味処とかあるんですね〜!

より和菓子を身近に、気軽に楽しめますよね。

また、限定商品を販売しているのも強みだと思います。

例えば、このどら焼きは羽田空港限定なんですが

ぜひ食べてみたいな!と思う商品ですよね。

また、海外のお土産にもいいですよね。

さて、次にこの叶匠壽庵のカフェや販売店について

まとめていきます!

 

叶 匠壽庵 販売店や甘味処は?

 

叶匠寿庵の取扱店ですが、

ほとんどの有名百貨店で取扱が

あるようです。

●高島屋

●阪急百貨店

●近鉄百貨店

●大丸

●岩田屋本店

●そごう

etc…

なので、ぜひ一度お近くの百貨店へ

行ってみてくださいね^^

甘味処については、

全国で3店舗のみの展開です。

茶房 叶 匠壽庵 高島屋日本橋店

高島屋日本橋店〒103-8265
東京都中央区日本橋2丁目4番1号
高島屋日本橋店地下1階
(TEL) 03-3271-1180

 

茶房 叶 匠壽庵 松坂屋名古屋店

茶房叶 匠壽庵 松坂屋名古屋本店〒460-8430
愛知県名古屋市中区栄3-16-1
本館4F
(TEL) 052-251-3501

 

宝塚阪急 あずき房

宝塚阪急〒665-0845
兵庫県宝塚市栄町2丁目1番1号
(TEL) 0797-81-1233

 

落ち着いた雰囲気で和菓子がいただけますね。

また、インターネットでも購入できます。

こちらはいずれも楽天市場の

近鉄百貨店のリンクですが、楽天ならポイントも

使えますしいいですよね^^

この「あも」という商品がイチオシだそうなんで

よければ試してみてください☆

 

まとめ

いかがでしたか?

叶匠寿庵、これからどんどん有名になっていきそうですね。

様々な賞にも受賞してますし、

ますます期待ですね!

それでは〜!

スポンサードリンク