朴大統領退陣の[激怒の歌]の日本語歌詞は?作詞作曲者は誰?[動画有]

この記事は2分で読めます

republic-of-korea-1123541_1280

 

どうも!めるぼんです^^

最近は朴大統領の不祥事で

何かとメディアを騒がせていますが、

今日朝テレビを見ていると

朴大統領退陣の100万人のデモが行われたそうで、

そのデモの際、朴大統領に対する

“激怒の歌”なるものが歌われたそうなのです。

その歌詞が過激で驚きであると

各メディアが騒いでいます。

私もテレビでh一部しか見なかったのですが、

後から“どんな歌詞だろう?”と

気になったので、調べてみる事にしました!

スポンサードリンク

 

朴大統領退陣の歌”激怒の歌”の歌詞

 

色々と調べていると、

ハングルで歌詞が載っているページがありました。

曲名は「これが国か」というタイトル解釈もあれば、

「この国はクソ」という解釈もあるようです。

(曲の感じ的に後者の方が可能性が高いかも汗)

気になる日本語歌詞ですが、

自動翻訳機で翻訳してみると

こんな歌詞だそうです(参考程度にお願いします)

 

1.これが国かこれが国か
クンヘ、スンシル、ミョンバク泥棒奸臣の巣窟
犯罪者天国庶民は地獄
もうこれ以上こらえることはできない
2.
2014年4月16日
7時間の間君は何をしたの
無惨に死んでいった私達の子供たち
その怨恨を解くだろう
3.
セヌリ党朝鮮日報が
お前らも醜悪な共犯がでなかったか
ショー夏至ないでだまされない
君たちも解体してあげよう
4.
宇宙の気勢巫女の呪術
タカキマサオまで呼び出しても
今は終わって元に戻すことはできない
良い話す時退きなさい
*
下野下野下野下野しろ
パク・クネは直ちに下野しろ
下獄下獄下獄下獄させろ
パク・クネを下獄させろ

下野下野下野下野しろ
パク・クネは直ちに下野しろ
下獄下獄下獄下獄させろ
パク・クネを下獄させろ

 

過激すぎてこわいですね^^::

ちなみに、この下野下獄の意味ですが、

 

げや
【下野】
《名・ス自》(高い)官職をやめて民間(=野)にくだること。

また、政権から離れて野党となること。

げごく
【下獄】
《名・ス自》刑に服するため牢獄(ろうごく)・

刑務所にはいること。

 

だそうですよ。こわい。

でもこの歌のメロディは結構良いって

評判がいいんですよね〜〜^^;

歌詞には2014年の韓国の悲しいニュース、

セウォル号沈没事件で7時間もの間

連絡が付かなかった朴大統領への批判もあります。

まあでもそれだけ韓国国民は怒っている

ということですよね。

スポンサードリンク

 

“激怒の歌”作詞作曲者は誰?

 

この歌を作詞作曲したのは、

これまでにもデモなどで歌う歌の作曲家として30年以上活動しているユンミンソク
8日にFacebookで拡散すると瞬く間に広がったみたいです。

ユン・ミンソクさんのプロフィールについてはコチラ。


そして、気になる動画がこちら↓

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

これから朴大統領は

どうするのか気になりますよね〜。

ちなみにご本人は現状退陣する気は

無いようなコメントをされていました。

国民支持率が5%で20代からは0%と、

史上最悪の支持率だそうですが、

これからの動きに目が離せません。

それでは〜!

 

こちらもチェック!

ユンミンソク(朴大統領歌“これが国か”作曲)のプロフィールや経歴は?

 

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 名無し
    • 2016年 11月17日

    そもそもなぜ歌う必要があるのか?
    歌わないと抗議できないのか?
    まったく理解できない

      • yuri-marchen
      • 2016年 12月6日

      コメント頂戴いたしましてありがとうございます。
      お返事が遅くなってしまい申し訳ございません><
      確かに歌にするという概念がちょっと理解しがたいですよね^^;
      私もこのニュースを知った時、「こんな歌があるのか」と
      驚きました^^;
      この度は当ブログをお読み頂きありがとうございました^^

  1. この歌が今流行ですwwwwwwwww

    曲名 – パクグネを監獄に(박그네를 감옥으로)

    link – https://www.youtube.com/watch?v=g1CCIQ25jWw

      • yuri-marchen
      • 2016年 12月13日

      コメントありがとうございます!
      こんな歌もあるんですね〜!
      何でも歌にしちゃうってのは何とも、日本には無い概念なのでびっくりですね!
      貴重な情報をありがとうございます☆