吉原義人(刀鍛治)の刀の値段や販売店は?結婚や経歴についても

この記事は2分で読めます

どうも!めるです^^

私はアクセサリーの販売を少ししているのですが、

何かをデザインしたり、作ったりしたものを

お客さんが喜んでくださるのって

すごく嬉しいんですよね。

そのよろこんでもらえたことって

すごく励みになりますし、

次に作るものにも力が入りますよね。

今回はそんなものづくりに関する話題なのですが、

次週の情熱大陸に登場される

吉原 義人(よしはら よしんど)さん

についてです。

この方、スゴ腕の刀鍛冶(かたなかじ)なんです。

スゴ腕と言ってもそんじょそこらのスゴ腕では

ありません。

葛飾区の無形文化財保持者としても認定

されているほどの方なんです。

さて、そんな吉原さんの

経歴から、吉原さんの作る刀の値段についてまで

まとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

 

吉原 義人さん プロフィール

名前:吉原 義人(よしはら よしんど)

生年月日:1943年2月21日生まれ(現在74歳)

出身地:東京都葛飾区

職業:刀鍛冶/日本刀鍛冶道場代表

 

吉原さんは刀鍛冶として一家の3代目になられます。

お爺様は若い頃から刀鍛冶をされていて、大正8年に

茨城県筑波山の麓から、東京で一旗あげよういうことになり、

月島に鍛治場を作られました。

それから、昭和20年から10年ほど、

終戦の関係で日本刀を作ることを禁止され、

昭和30年になり、お爺様と義人さんご兄弟で

刀鍛冶を再開することになったそう。

その当時、義人さんはまだ12歳という若さでした。

そんなまだまだ子供といえる年齢から、

刀鍛冶の修行を始められたそう。

そこから現在まで約60年もの月日を

刀鍛冶をされています。

そんな吉原さんは

刀鍛冶として、さまざまな賞歴を持つほか、

最高勲章である20年に一度の「伊勢神宮の御神刀」に、

3度の指名を受けておられます。

そんな吉原さんの作る刀、

一体おいくらするのか気になりませんか?

それについても調べてみました!

スポンサードリンク

吉原さんの作る刀の値段や取扱店は?

 

吉原さんの作る刀は

もう国宝レベルにすごいものなので、

そうそう簡単には手に入りません。

日本職人名工会のサイトから問い合わせをして

購入できるそう。

また、こちらの美術日本刀専門店つるぎの屋でも購入できそうです。

値段について調べてみると、職人さんが作る

一般的な刀の値段は大体100万円ほどらしいですが、

このサイトに載ってる方の作る刀は200万円からが妥当なようです。

・小刀~大刀~ ¥200万~400万~(※価格は刀身のみの価格です。) 

 日本のトップランクの刀鍛冶の作刀で400万前後です。

更に贅をつくした細工加工で 500万~600万円と価格は上がります。

因に人間国宝の刀で、1000万円前後となります。

これを見るとおそらく吉原さんが作る刀は

1000万円?!?

なのかなという印象です。

でも、これって価値が下がるものではないですし、

美術品ですから、価格が下がることって

ないですよね〜実物資産ですよね。

 

吉原さん 結婚はしてる?子供は?

 

吉原さんですが、

ご結婚されており、息子さんがおられます。

この写真の方がそうなのですが、

名前は吉原 義一さんです。

ちなみに年齢は50歳、お父様とお名前が似てますね!!

息子さんも見ての通り、

刀鍛冶をされており、

18歳から修行されてるそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?

吉原さんの作る刀、

一度みてみたいですよね。

職人の技が光る一品何でしょうね。

情熱大陸でどんな話をしてくれるのか楽しみですね!

それでは〜〜!

 

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。