瀧澤信秋(ホテル評論家)の職業や年収は?年齢や大学についても

この記事は3分で読めます

sin220160717552721_tp_v

 

どうも!めるぼんです^^

私は大の旅行好きなんですが、

去年子供が産まれてからというもの、

ぜんぜん行って無いんですよね〜〜;;

やっぱり子供が産まれるとなかなか難しいですよね!

ちなみに、一番好きな旅行先はイギリスで、

3回は行ってるのですが、

もう何回行ってもいいところです、、(しみじみ)

新婚旅行に行ったチェコも良い所でしたけど、

やっぱりイギリスが一番ですね。

毎回泊まるホテルも決めてて、

ロンドンの地下鉄、

グロスターロード駅から徒歩5分ほどにある

ハリントンホールというホテルが

凄く良いホテルで気に入ってます!!

私の今の目標は毎年イギリスに行く事なので、

色々と頑張らないといけないのですが、、笑

さて、今回はホテル評論家の

瀧澤信秋さんが、マツコの知らない世界で

ビジネスホテルの世界を紹介してくれる

とのことで、私も興味津々なので 笑

そんな瀧澤さんについてまとめて

いきたいと思います!

スポンサードリンク

 

瀧澤信秋 プロフィール

guide-1535-210-260

 

名前:瀧澤 信秋(たきざわ のぶあき)

生年月日:1971年ー(現在45歳)

職業:ホテル評論家

出身:長野県上田市

 

気になるのが瀧澤さんの職業ですよね〜!

「ホテル評論家」って何?

って感じですよね〜!

瀧澤さんはホテルや宿泊などに関する

顧客満足へのサービスを企画・開発したり、

経営コンサルタントをされているようですね。

なので、様々なホテルや旅行会社の企画やイベントに

参画されているようです。

そして、ホテラーズという

ホテルや宿の紹介サイトの編集長としても

活躍されています。

 

スポンサードリンク

 

また、ホテルに関する様々な雑誌や本も

出版されています。

そんな瀧澤さんですが、それだけの出版物を

出されているのですから、これまでの

宿泊数も相当な数です!

なんと、

2014年度には、365日365ホテルの旅と題したミッションを遂行、

365日で372のホテルにチェックインする。(wikipedia)

 

えーーー!!!

365日で372のチェックインって、もう、

1泊してない日がありますよね 笑

すごいなあ。

 

そんな瀧澤さんの出身大学について。

色々と調べてみましたが、大学情報は

見当たりませんでした><

ただ、法律事務所会計事務所の勤務を

経験されているので、大学は経済学部とか法学部

だったのかな?と思いました。

 

 

瀧澤信秋さん 結婚や年収は?

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-11-08-18

 

瀧澤さんの年収についてですが、

ホテルや宿に関する様々な企画や

コンサルティングもされている上、

出版物の印税などもあるでしょうから、

おそらく年収1000万〜1500万円

あるんじゃないかと思います。

ちなみに瀧澤さんの出版本で

アマゾンの口コミの良いものがコレ↓

 

03

アマゾン値段 ¥1,188

 

これは先述した2014年の372のホテルに

チェックインした結果をもとに作られたホテルガイドです。

プロが教えてくれるホテル情報ですから、

きっと間違いなさそうですよね〜!

しかも一般人からしたら旅行は特別なものなので、

素敵なひとときを過ごすための

良いホテル指南書になるのではないかな

思いました。

 

瀧澤さんは結婚されているかどうか、ですが、

今のところ瀧澤さんの結婚情報は何も見つかりませんでした。

というのも、先ほどのホテルガイドを出版する為に

東京のホテルにチェックインされた時、

自宅に洗濯物を取りに戻られたそうなので、

おそらく一人暮らしなのかなという感じです。

まあ、これだけずっと仕事をされてると、

なかなか難しいかもしれないですよね><

というか、瀧澤さんの事を色々調べていると、

ほんとにホテル(仕事)が好きなんだなあと感じました!

なんかもう、THE 仕事人間 という感じがします 笑

 

まとめ

 

いかがでしたか?

瀧澤信秋さん、

今度のマツコの知らない世界で

どんな事を話してくださるのか楽しみですよね!

これからの活躍にも期待です☆

それでは〜!

 

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。