中村元(水族館プロデューサー)の年齢や結婚した妻は?大学や年収も!

この記事は3分で読めます

どうも!めるです^^

5月30日放送予定の

マツコの知らない世界で、すごく興味深い人が登場します。

それは、水族館プロデューサーの

中村 元(なかむらはじめ)さんです。

何が興味深いって、中村さんは私も何度か

行ったことのある鳥羽水族館に社員として在籍されたとか。

関西の方には鳥羽水族館、有名ですよね〜!

今回はそんな中村さんについて

色々とまとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

中村 元 プロフィール

名前:中村 元(なかむら はじめ)

生年月日:1956年生まれ(現在61歳)

出身地:三重県嬉野町

出身高校:宇治山田高等学校

出身大学:成城大学 経済学部 マーケティング専攻

中村さんは、高校時代から「メディア」に興味があり、

漠然とメディアに関する仕事に就きたいと

思っておられたとか。

しかし、大学は希望するところは受からず、

将来何をしたいのか、迷っておられた時期もあったそう。

大学卒業後はマーケティングとは関係ない

鳥羽水族館に人のツテで入社され、

アシカトレーナーとして勤務されていました。

そして、この鳥羽水族館で才能発揮され、

企画室長、新鳥羽水族館プロジェクトの

責任者をへて、副館長になられました。

この時、鳥羽水族館のリニューアルにも成功。

時にはお客さんを尾行したりして、どんな風に

水族館内の生物を見ているのかを調べたり。

鳥羽水族館で勤務中に、客のニーズを的確に捉えて

集客力UPに貢献されました。

その後、鳥羽水族館を退社され、新江ノ島水族館

プロジェクトのアドバイザーになられるなど、

活躍はどんどん広がっていきました。

現在は、新江ノ島水族館監督と

東京コミュニケーションアート専門学校顧問

(ドルフィントレーナー学科講師)

をされています。

中村さん、全く興味のなかった水族館で

大学で学んだマーケティングを生かして成功されたんですね〜

この鳥羽水族館に入社した頃のことで

こんな風におっしゃっています。

そんな僕が就職できたのが、水族館でした。といっても縁があっただけで、魚が好きなわけでもないし、経済学部ともメディアとも関係がない。けれども図鑑みたいに海の様子や魚を見せるわけだから、「水族館も一つのメディアやん」とプラスにとらえたわけですよね。(_引用

さすが、成功者の特徴として、

「ポジティブ」というのがあるんですが、

中村さんもやはりすごくポジティブで発想を

変えたことがターニングポイントだったんでしょうね!

勉強になります。

さて、この中村さんですが、

結婚はしていらっしゃるのかどうかについて

調べてみました!

スポンサードリンク

中村 元 結婚は?妻や子供は?

中村さん、ずばり結婚されており、

奥様との間に1982年に第1子が誕生しています。

お子さんは現在35歳前後でしょうか。

中村さんの奥様がどんな方なのか

探してみたのですが、見つからず、、

さて、次に水族館プロデューサーとして

活躍する中村さんの年収について調べてみました!

中村 元 年収はどれくらい?

水族館プロデューサーとのことですが、

こういったテーマパークや商業施設などのプロデューサーの

年収をまずは調べてみました。

一般的に、フリーランスでは無い

商業施設のプロデューサーの年収は500万円ほどになります。

ショッピングモールの集客イベントなどの企画運営等、、

それくらいの規模であれば、このぐらいの年収だということです。

しかし、中村さんのようにフリーランスで

されているという事と、

1つの施設を全体的にプロデュースするという事を

合わせると、年収500万円は余裕で超えるかな?

と思いました。

ざっくりとした予想になりますが

1000万円〜はあるのかなと思います。

また、中村さんの著書に

水族館哲学 というものがあります。


水族館哲学 人生が変わる30館 (文春文庫) [ 中村 元 ]

この本には中村さんのマーケティングについての

情報がたくさん載ってそうですね^^

ビジネスの参考にしてみてもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

中村さん、今後もどんな施設を作ってくれるのか

楽しみですね。

これからに期待です^^

それでは〜〜!

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。