篠原涼子主演[愛を乞うひと]ドラマの結末は?あらすじやネタバレも

この記事は4分で読めます

 

どうも!めるぼんです^^

もうあと15日もしたら正月ですね〜〜

しみじみしちゃいますね。

ほんと、年々1年が早く感じますが、

これは歳のせいなんでしょうか?笑

小学校の時は1年ってすごーーーく長く感じて、

1年の中で一番楽しみな誕生日なんて

「誕生日まだまだやな〜〜」みたいな感覚だったのになぁ。

不思議ですね。

さて、今回の話題ですが、

来年2017年の1月11日に放送のスペシャルドラマ、

「愛を乞うひと」

についてです!

このドラマ、母と娘のヒューマンドラマなんですが

この母親役に篠原涼子さんが主演をされます。

で、優しい母親を演じるのかと思いきや、

”虐待する母親”というなんともシリアスな役柄を

演じられるそう、、、

篠原さんはこれまで、ドラマでは善人の役のイメージが

あったので、すごく意外ですし、ギャップがあるだけに

めっちゃ怖そう、、なんて思ってます。

しかもこの篠原さんの娘役で、

広瀬アリスさんと鈴木梨央ちゃんが

演じられるそう。めっちゃ豪華。

さて、そんなスペシャルドラマ「愛を乞うひと」について

色々とまとめていきたいと思います!

 

こちらもチェック!

愛を乞う人(篠原涼子主演)の視聴率やドラマ結末は?口コミもチェック

スポンサードリンク

 

ドラマ「愛を乞うひと」あらすじ

pr_pc

(出典:読売テレビ)

 

 

幼いころ母から虐待を受け心に傷を抱える女性・照恵は夫・山岡裕司(平山浩行)を

早くに亡くしたシングルマザー。

生き別れの弟・武則(ムロツヨシ)が逮捕されたことをきっかけに武則と再会。

深草の後押しもあり、亡くなった父を弔い遺骨を探すため台湾に渡ることとなる…

(オリコンスタイルより)

 

今回のドラマですが

篠原さんは2人の母親役を演じられるそう。

それが、

虐待する母で子供への愛し方が分からなかった

陳 豊子 役 

その豊子の娘であり、愛され方がわからない

山岡 照恵 役

の 一人二役を演じられます。

そして、山岡照恵の幼少期役で鈴木梨央ちゃん、

山岡照恵の高校生の娘・深草役で広瀬アリスさんが

それぞれ演じられるとのことです。

スポンサードリンク

 

ドラマ「愛を乞うひと」結末は?

 

この愛を乞うひとですが、

どうやら原作があるそうです。

それが下田治美さんの同タイトルの原作。

41qhmt5x51l-_sx335_bo1204203200_

(出典:Amazon.jp)

この原作の結末やネタバレについてですが、

母(豊子)から虐待を受けていた

娘(照恵)は、母から逃れた後、

父の遺骨を探すため台湾へ出向きます。

そんな遺骨探しと共に、

壮絶だった過去を思い出します。

そして、照恵は今までしらなかった

母の真実

と向きあうことになるのです。

この母の真実とは一体何なのか?

すごく気になりますよね。

原作を調べてみると、

豊子は父親と別れてから、

次々と男を変えていくのです。

そしてそれは

豊子自身が男に捨てられる事のショックを

娘を虐待するということで復讐していた

というメッセージが込められているそうです。

豊子自身も辛い思いをしてきた事を

照恵は知る事になるんですね。

実際ドラマでは

どんな結末なのか、もしかすると

原作とは少し違う部分があるかもしれないですし、

篠原さんの一人二役はとても見応えがありそうです。

放送後、詳しい結末については

改めて記載したいと思います^^

そして、この愛を乞うひとですが、

これまで映画や漫画にもされている

とても有名な話だそうです。

そんな映画の予告編を見つけましたので

参考にして頂けたらと思います^^

 

放送後追記ー結末は…?

 

すごく見応えあったドラマでしたね〜〜。

篠原涼子さんの一人二役も

迫真の演技ですごく良かったです。

結末まとめがこちら↓

◎照恵は間違いなく豊子と文太の子供

◎照恵に強くあたるのは愛し方がわからなかったから

◎照恵という名前は豊子(母親)が「明るい太陽にいっぱい

照らされるように」という想いをこめてつけた

◎父親のお骨はちゃんとお寺で供養されていた

◎クライマックスで母親と再会

だったんですが、このクライマックスは

結構泣けましたね。

最後、豊子が営むスナック?店に

照恵とその娘(広瀬アリス)が訪れます。

なんとも言えない空気感の中、

照恵は幼少期、母と歌った歌を口ずさみます。

それに反応した母は、なんとなく

一緒に歌うのです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-22-45-59

そして、歌い終わると会計するため

1000円をテーブルに置きます。

そしてここからの2人の会話が、

(ちょっと間違ってたらすみません)

豊子;「娘さん?」

照恵:「そうです。娘です。」

豊子:「かわいいね。」

と短い会話をします。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-22-45-55

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-22-47-23

そして最後、照恵は

「さようなら」

と泣きながらに一言伝えて、

娘と共に店を後にするのです。

緊張がほどけた照恵と娘。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-22-49-47

そこでの親子の会話がこちら。

 

照恵:「すごく小さくなってた。

もっと(母親が)大きなひとだと思っていた。

もっと大きくて、強くて、怖くて。

でも全然ちがった。

言いたい事聞きたいこと沢山あった。

でも、(見た瞬間)そんなことどうでも良くなっちゃった。

あんな人に、、愛して欲しいなんて(とても言えない)、、

ただ可愛いねと、、言って欲しかった….」

 

娘:「言ってたよ。かわいいねって。

あれ、お母さんのことだよ。」

 

泣けましたね。

すごく、奥深いドラマだったと思います。

にしても、広瀬アリスの演技も良かったですし、

篠原涼子さんが主役で間違いなかったですよね〜〜。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

「愛を乞うひと」、とても見応えのある

作品だそうなので、

それを2017年版に篠原涼子さんが

演じられるとのことて

楽しみですね。

皆さんも是非チェックしてみてください☆

それでは〜!

 

こちらもチェック!

愛を乞う人(篠原涼子主演)の視聴率やドラマ結末は?口コミもチェック

 

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。