2016年の関西の紅葉の見頃はいつ?おすすめスポット紹介も!

この記事は5分で読めます

 

どうも!めるぼんです^^

さて、もうすぐ8月も終わり、

9月が目の前ですが、

9月から暦では秋になりますよね!

秋といえば、涼しくなり過ごしやすいので、

かんかん照りの夏にはできなかった事が

沢山できますよね!

そんな秋の代表的なイベントといえば

すばり紅葉です☆

そんな紅葉ですが、

関西には素敵な紅葉スポットが沢山あります!

2016年の関西の紅葉の見頃も併せて

ご紹介していきますね♪

 

スポンサードリンク

 

2016年の紅葉見頃はいつ?

去年は、比較的早い時期に涼しくなった変わりにか、

今年は暑い日が長く続くと気象庁では発表されています。

気象庁の見解がこちら↓

 

気象庁の1ヵ月、3ヵ月予報によると、8月、9月、10月の気温は、全国的に平年より高い見込み。
また、夏から秋にかけて、ラニーニャ現象が発生し、秋にかけて続く可能性が高いと予測している。
ラニーニャ現象が発生すると、日本では夏が猛暑となり、冬は寒冬になることが多い。
このことから、2016年の紅葉は平年より色づきが遅くなる見込み

(出典:http://qnew-news.net/tour-town/momizi-news.html)

 

ふむふむ、なるほど。

ちなみに去年の紅葉見頃は

10月はじめあたりから、

11月中旬にピークを迎え、

11月末には雨の影響もあり、

最終的には12月上旬には見頃を終えたそうです。

去年は平年よりも気温が低かった影響か、

平年よりも少し早く紅葉が始まったそうです。

そうなると、

今年は気温が高い秋になるとの予想なので、

場所にもよるかと思いますが、

10月中旬頃から見頃を迎えるのではないでしょうか。

ちなみに、ラニーニャ現象が秋まで続くと、

その影響で冬に突入する12月頃からは

気温が平年よりも低くなる可能性があるので、

気温が高いと紅葉の始まりが遅く、

12月に入れば気温が低くなるので、

紅葉の見頃が短めになるとの予想です。

その代わり、紅葉自体の発色は素晴らしいものに

なるらしいです^^

 

 

関西おすすめスポット

今年是非行ってみたい!

そんな風に思った

関西の紅葉名所を

独断と偏見でお送りします☆

 

 

大阪編

 

osaka_hoshida

ほしだ園地(ほしだえんち)

360度広がる紅葉の中を吊り橋に揺られて空中さんぽ

大自然の中に広がる100haの自然公園。「星のブランコ」の愛称で親しまれる巨大な吊り橋は、木製床板人道吊り橋としては国内最大級でスリル満点! 園内にはハイキングコースも整備され、森林浴やバードウォッチングにも最適だ。

(出典:http://eonet.jp/travel/data/3046405_1386.html)

 

これ凄い圧巻でしょうね〜!

写真でもびっくりしました。

是非この吊り橋を渡ってみたい…!

スリルが好きな方にとっては

アトラクションの様で

面白いんじゃないでしょうか。

 

 

 

minokoen

明治の森 箕面国定公園

(めいじのもりみのうこくていこうえん)

春は新緑、秋はもみじの四季の美しさを実感

古くから滝と紅葉の観光名所として知られ、四季を問わず観光客で賑わう国定公園。公園内にある高さ33メートルの箕面大滝は新緑や紅葉とのコントラストが美しいことで有名。公園内には昆虫館や広場などもあるので、家族連れには最適な和みスポットでもある。なかでも、公園入り口の一の橋から大滝までの渓流沿いの道は、気軽な散策コースとして家族連れなどで1年中賑わっている。また、公園内には西国23番札所、法然上人第5番霊場である[勝尾寺]がある。

(出典:http://eonet.jp/travel/data/3015683_1386.html)

 

この滝と紅葉のコントラストが

なんとも美しい..!!!

もう200枚くらい写真撮っちゃいそうじゃ

ないですか?!?笑

しかもライトアップも楽しめる名所と

なっています。

これはカップルなどにおすすめですね^^

 

 

katsuodera_sub

勝尾寺(かつおうじ)

全国にその名を知られる「勝運の寺」

「勝運の寺」や「ダルマの寺」として知られる古刹。約8万坪の境内の秋が深まると燃えるようなモミジの赤や黄色と、山の緑が織りなすコントラストに圧倒される紅葉の名所としても有名だ。ライトアップでは、山門や本堂、参道に加え、弁天池での噴水やミスト、LEDによる幻想的な演出も。また、3月の緋寒桜をスタートに、シダレザクラや八重桜などが咲き誇る春の花見も一興だ。

(出典:http://eonet.jp/travel/data/3016342_1386.html)

 

こちらもライトアップが楽しめる

名所となっています。幻想的な風景が素敵ですよね♪

そして、このお寺、勝運のお寺だそうなので、

ちょうど受験も目の前のこの時期に、

息抜きも兼ねて紅葉を楽しみつつ、

願掛けに行ってみてはそうでしょうか^^

 

京都編

 

続いては京都編です!

img-4
貴船神社(きふねじんじゃ)

古都の水源を守る“氣生根”へ

鴨川の上流、水を統べる神様を祀る神社で、古来、「氣生根(きふね)」とも呼ばれ、氣力が生まれる根源の地とされる。御神徳は運気隆昌、諸願成就のほか、平安時代の歌人・和泉式部の夫婦復縁が叶えられたとの逸話から、縁結びのご利益を求める女性参拝客の姿も多い。周囲を豊かな自然に抱かれた境内は、紅葉をはじめ、四季の風景も見事。なかでも、年始から2月の間、積雪があった日の夜間に行われる幻想的なライトアップイベント「雪の氣生根」もおすすめだ。

(出典:http://eonet.jp/travel/data/3015470_1386.html)

 

灯籠と紅葉の素晴らしい相性。。。

階段を一段一段、

ゆっくりのぼって楽しみたいですね!

 

 

eizan_main

叡山電車(えいざんでんしゃ)

電車の車窓から愛でる艶やかな「もみじのトンネル」

沿線で一番の紅葉スポットといえば、市原駅~二ノ瀬駅間約250mにわたる「もみじのトンネル」。「貴船もみじ灯篭」期間中は、そこを通過する際に車内の灯りを消して、ゆっくり走る車窓から幻想的な夜の紅葉が楽しめる。

(出典:http://eonet.jp/travel/data/3015469_1386.html)

 

先ほどの貴船神社には、

この叡山電車を使って行くので、

是非セットで楽しみたいスポット。

私は実際にこの電車から紅葉を

見た事があるのですが、

窓に映し出される紅葉の絶景には圧巻です!

 

DSC_0043

京都嵐山(きょうとあらしやま)

風光明媚な散策エリア

京都の西側に位置する嵐山は、平安時代には貴族の別荘地となっていた風光明媚な土地だ。嵐山の中心を流れる桂川にかかる渡月橋は記念写真の絶好ポイント。嵐山一帯には名勝とされる神社仏閣が多く、紅葉の木々の元散策するにも最適なエリア。

(出典:http://eonet.jp/travel/data/3016346_1386.html)

 

京都の秋といえば嵐山と

言っても過言ではないでしょう。

私も大好きな場所です。

特に、山々が美しく衣替えをする様には

見とれてしまいます。

そして、紅葉以外にも楽しめる場所が

沢山あるのでオススメです^^♪

 

奈良編

 

nara_hasedera_1
総本山 長谷寺(そうほんざんはせでら)

千年来の春の風景を眼下に望む

別名「花の御寺(みてら)」とも呼ばれるほど美しい花の景色で有名な寺。春には牡丹と桜が見ごろを迎える。特に牡丹は、本堂に続く長い登廊の両側に咲き乱れる姿が圧巻だ。また、紅葉の時期もいい。山深く、原生林として保存されている木々が燃えるように赤く染まる様子は、一見の価値あり。

(出典:http://eonet.jp/travel/data/3015928_1386.html)

 

出ました!My地元奈良。

綺麗な紅葉の中に出で立つ、

真っ赤な五重塔がとても

美しいですね。

ちなみに紅葉以外にも、

桜やボタンも美しく咲くので

春にも楽しめるスポットとなっています。

 

img-3_7

奈良公園(ならこうえん)

古社寺が集まる古都を代表する観光スポット

東大寺や興福寺、春日大社など世界遺産の名高い寺社が点在。春日野園地や浮見堂、山麓沿いに植えられた桜が美しい若草山など公園随所に見所が満載だ。早春に見ごろを迎える重要文化財の円窓亭周辺の片岡梅林、ヒガンザクラやナラノヤエザクラなどの桜をはじめ、四季折々の美しい風景も見もの。

(出典:http://eonet.jp/travel/data/3016203_1386.html)

 

美しい紅葉を背景に、

鹿とのふれあいも楽しめるスポットですね!

そして奈良公園近辺には有名な寺社がいくつか

あるので、観光も兼ねて行きたいスポットです^^♪

 

まとめ

いかがでしたか?

とても魅力的なスポットばかりで、

どこに行こうか悩んでしまいますよね!

是非お気に入りのスポットを見つけて、

今年の秋は葉の発色も期待できるそうなので

いつも以上に紅葉が楽しみです。

今から計画してみてはどうでしょうか^^

素敵な秋になるといいですね!

 

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。