赤ちゃんの虫さされ対処法!(まとめ)

この記事は2分で読めます

 

3日目。

ステロイド軟膏をマメに塗るも、

見た目に特に変わった様子は無く、、、

“ほんまに効いてんのこれ?!”

と突っ込みたくなるほど、

ほとんど何も変化は無かったのです。

その上、息子が夜寝付く前に限って、

体温が高くなる為か、

無性に腕を掻こうとする様に

なっていました。

掻かないだけが救いだったのですが、、

いやでも、

やっぱそんなけ腫れてたら痒いわな!!

って感じでした。

でも掻かせてしまっては

もっと痒くなって腫れるだけなので、

なんとか掻かせまいと

悪戦苦闘していると、

息子も痒いのに掻けないので、

いらいらしてか、

泣いて大変でした。

そりゃあ大人でも

そんな状況、

そりゃあイライラしますよね。。

でもこの時ばかりは

心を鬼にして….

母ちゃん頑張りました。

 

スポンサードリンク

 

4日目。

あれ?少ーしだけ、赤みが引いてる!

そんな印象でした。

腕を見ると、

きっと夜中に掻いたのであろう

掻き傷が、、、

この日は“弱め”の軟膏を、

1日に数回塗りました。

ただやっぱり寝付く前は痒がるので、

完全に寝てしまうまで、

手を押さえていました。

 

5日目。

更に赤みが引いてる…!!!

そして徐々に茶色っぽくなってきました。

これぐらいになると、

もう痒がる事もありませんでした。

それから、どんどんと

腫れも赤みも引いてゆき、

しこりも無くなり、

1回目に刺された時よりも

短い期間で

完治する事ができました。

 

【まとめ】

2回目の虫さされでの

ステロイドの効果が

あったのがどうか、

正直今回だけでは

解らないのですが、

(なんせ見た目に

すぐ現れなかったので…> <)

病院に聞いてみてよかったですし、

色々と調べてみると

ステロイドは炎症を押抑えてくれる

効果があるそうなので、

息子も日中は掻く事なく

過ごせたのかなと思います。

また、1回目と2回目で

何故こんなにも反応に差があったのか、

それについても調べてみました。

 

スポンサードリンク

●遅延型アレルギー

1回目の虫さされの

反応がこの

遅延型アレルギー

というそうです。

初めて蚊に刺されると、

身体はすぐにアレルゲンと認識せず、

認識するまでに時間が掛かります。

その為、かゆみや腫れの反応が

1日置いてやってきたのだと

思います。

 

●即時型アレルギー+遅延型アレルギー

2回目の虫さされがこの

即時型+遅延型アレルギー

というものに当てはまります。

まず即時型アレルギーとは、

刺された直後にだけ

腫れやかゆみが現れるものを

いうそうです。

それにプラスして、

遅延型アレルギーが

合わさり、それが

2回目の虫さされでした。

ちなみに、蚊に刺されるにつれて、

 

遅延型アレルギー(赤ちゃん)

遅延型+即時型アレルギー(小学生)

即時型アレルギー(青年〜)

 

と言った具合に

症状が変わってくるそうです。

要は蚊に対する免疫が

強くなってくるんですね。

そういう事もあり、

2回目の方が治りが

グンと早かったのかなとも思います。

 

そんな経験を踏まえ、

これからは外出する時は、

しっかり蚊対策をしていきたいと

思いました!

参考にして頂けたら幸いです^^

それではまた〜(^^)ノ

 

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。