赤ちゃんの乳児湿疹の対処法!発症から完治まで(我が家の場合)②

この記事は2分で読めます

前回の日記の続き、

乳児湿疹が脂漏性湿疹から乾燥性湿疹へ移行していった、その後について

今回はお話したいと思います!

 

 

スポンサードリンク

【生後4か月〜8か月】

乾燥性湿疹へ以降していった我が子は、

しきりに掻く様になりました。

直径2〜3センチほどの赤い丸の形をしており、とてもかさかさとした印象。

発症場所は主に頬、肘の裏、膝の裏、胸、肩、お腹etc…

頬はよだれも増えてしょっちゅう頬に付くので、湿疹もるわかぶれるわで

それは真っ赤になって酷かったのです。

右頬が一番酷くてよく掻いてました。

何度も何度も掻き傷が出来て、なんとか触れさせない様に

手にミトンをつけたり、爪をしょっちゅう切ったり、

右頬を薄いガーゼで覆ったりと、あの手この手を尽くしましたが、

なかなかよくなりませんでした。

勿論清潔にしたり保湿したりっていうのは変わらず、

病院から貰っていたワセリンやAmazonで見つけた保湿クリームも使っていましたが、

いっこうに良くなりませんでした。

そこで、生後5か月になろうとする時に

3回目の病院に掛かりました。

この時、先生に指示されたことは、

①リンデロンVG軟膏(少し強めのステロイド剤)を一日2回、患部にワセリンを塗った後塗布する これを3日続けること

… リンデロンは比較的早くに効果が見られるので、もし1日や2日で肌が綺麗になっても、必ず3日は続ける

②リンデロンで3日過ぎたら、次はキンダベート軟膏(弱めのステロイド剤)に切り替え、これを4日続ける。

…使い方はリンデロンの時と同じ。けど症状がだいぶ収まってきてるようであれば夜の風呂上がりに1回減量する。

③キンダベートでを1日一回にして問題なければ(再発など)、保湿剤のみに切り替える。

 

という流れで試してみる様に言われました。

“ステロイドか…”と少し思いつつも、先生はこうも仰っていました、

“ステロイドは強めの物を短期間で使って患部を一気に直し、徐々に保湿剤に切り替えていくのが効果的”

 

ふむ、なるほど…と思い、ステロイド剤を貰ったその日から、早速言われた通り実行してみました。

次の日。

 

スポンサードリンク

もうキレイになりつつある…!!!!一回使っただけでこの効果、すごい。

 

その効果に感動した私は、それはそれはもう嬉しくて。

 

”これで湿疹ともおさらばか〜☆”って感じでした!

 

リンデロンを3日使うまでに息子のお肌は本来のつるつるぷりぷりを取り戻し、

“キンダベートはもう要らないんじゃ?”とか調子に乗って 笑 思っていましたが、

念のために塗っていました。

そしていよいよ保湿剤に切り替える時!

何故だかドキドキしましたが(なんか試験に合格するかどうかみたいな 笑)

ステロイド修行を終えてから久々の保湿剤のみに戻してみた所…

 

やっぱり再発してる〜〜〜〜(ずーーーーん)

 

そうか…不合格なのか。。。

母ちゃんの何がいけなかったのか 泣

 

そんなこんなで、このリンデロン→キンダベート→保湿剤のルーチンを

8か月頃まで繰り返すのです。。

もちろんその間にも病院に掛かって聞いてみたりしたのですが、特に指示に変化無し。

肌がもっと強くなってくると湿疹もなくなってくるそうですが、

治らなければこのままアトピーへと移行するとも聞くし。。。

それはそれは不安で仕方無かったのです。

さて、この続きは次回の日記でお話しようと思います^^

次回はいよいよ完治編の予定です!

それではまた〜(^^)ノ

 

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。