西郷どん(せごどん)のロケ地はどこ?人物相関図やあらすじも!

この記事は4分で読めます

ueno_7b

 

どうも!めるぼんです^^

少し先ですが、2018年の

NHK大河ドラマが決定しましたね〜!

その名も「西郷どん(せごどん)」

舞台は明治維新、

主人公となるのは男からも女からもモテたと言われる

西郷隆盛。

今日はそんな期待が高まる

「西郷どん」について

語って行きたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

 「西郷どん」って?

 

明治維新のヒーロー・西郷隆盛

肖像写真が一枚も残っておらず、その生涯は謎に満ちている西郷隆盛。
西郷は三度死んだ男。二度の島流し、三度の結婚を経て、

類いまれな「勇気と実行力」で徳川幕府を転覆し、

維新を成し遂げますが、最期は明治新政府と戦い命を散らします。

その素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。けれど、彼に出会ったものは皆、

西郷が好きになり、愛嬌(あいきょう)あふれる男の周りには、

いつも“笑いと愛と波乱”が満ちています。

極貧の家に育った男は「すべての民が幸せに暮らしてこそ

日本国は強くなる」と信じ、人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、

民を愛し…“見返りを求めない愛”を与え続けました。

人は親しみを込めて、男を『西郷どん(セゴドン)』と呼びました。

2018年、「勇気と実行力」で時代を切り開く“愛にあふれたリーダー”が、

日本の日曜よる8時に元気をお届けします。

 

そんな紹介文と共に、「西郷どん」が発表されたのですが、

ここでびっくりしたのが

西郷隆盛の肖像写真が一枚も残っていないこと。

そーなんや!って感じでした。

西郷隆盛といえば上野公園に銅像がありますが、

それって写真ではなく絵などから復元された

ものなんですかね?

もう知らない人は居ないといわれても良いくらいの

歴史上の超有名人ですから、写真の1枚や2枚

あるもんだと思ってました。

そして、西郷隆盛はどんな人物だったのか?

そんなことが気になり調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

西郷隆盛の人物像・あらすじ

 

●少年時代

西郷隆盛は子供の頃から体格が良く、

ケンカも強かった様で、仲間を大切にしたそうです。

そんな隆盛少年ですが、別の少年グループとケンカをした際、

復讐をしてきた相手に後ろから切られた為、

右腕が完全に曲がらない後遺症を負います。

そんな後遺症があったのもあり、学問に励むのですが

そんな中、両親が高いし、西郷家を

一人で支えたそうです。

 

●青年時代〜

やがてペリー提督が来航し、日本が開国か攘夷を迫られた時、

藩主の島津斉彬(しまずなりあきら)に提出した意見書が認められ、

下級武士から出生していきます。

 

そんな自分の意見書が認めてもらえた恩もあったのか、

島津斉彬が急死した際、その後を負って西郷自身も

殉死しようとしますが、

京都は清水寺の僧侶、月照に

「生きて斉彬公の遺志を継ぐように」と

諭されて思いとどまるのです。

 

しかし、そんな月照は幕府から

追及を受ける事になります。

月照には命を救って貰った恩がある西郷隆盛は、

月照の事を救えないと分かると

一緒に海へ身投げするのです。

この時は平野国臣に助けられました。

……..

 

と、こんな経緯があります。

西郷隆盛は、この頃同じ様に活躍していた

武士には無いような、人情というか、

恩をかならず返すというか、

そんな人の良さがあるんですね〜

自分の事を良くしてくれた人の為に、

2度も命を捨てようとするとは、すごいですよね。

この話だけでも十分に西郷隆盛の人の良さが

わかります。

なので、西郷隆盛は

女からも男からもモテた

というのは、こういう事なんですね〜!

 

 

「西郷どん」キャストや人物相関図は?

 

西郷どんの主演や他キャストについては

まだ何も明かされていません。

ただ、堤真一さんが、

主演の西郷隆盛役にでオファーされていた

ようなんですが、堤さんは断られたみたいです。

 

300x

(出典:eiga.com)

 

確かに、西郷隆盛の強くて優しい人情溢れる

性格は、堤さんピッタリかもしれないですよね!

現在は出演者調整中とのこと。

なので人物相関図もまだわからない状況です。

ただ、きっと先述した様に

・島津 斉彬

・清水寺の僧侶 月照

・平野 国臣

は、きっと出てきそうですよね!

その辺も誰になるのか気になります。

 

 

「西郷どん」のロケ地はどこ?

 

ロケ地についてですが、

まだ出演者も明かされていない状況なので

どこかは明確にはわかりませんが、

西郷隆盛自身、鹿児島がゆかりの地となるので、

鹿児島はあるのかなと思います。

また、登場人物に月照が居るとなると、

京都清水寺も舞台になるのではないかなと

予想しています。

来年2017年の夏からクランクインだそうなので、

そのあたりに目撃情報が出てくるかもしれませんので、

ツイッターなどでチェックしてみると

いいかもしれません☆

 

 

「西郷どん」の原作者・脚本家

 

●「西郷どん」の原作者 林真理子さん

profile01

(出典:http://wol.nikkeibp.co.jp/)

【林真理子さんプロフィール】
小説家。山梨県出身。『最終便に間に合えば』『京都より』にて直木賞、『白蓮れんれん』にて柴田錬三郎賞、『みんなの秘密』で吉川英治文学賞ほか、話題の著書多数。「西郷どん!」は「本の旅人」(KADOKAWA)にて連載中。

(出典:http://www6.nhk.or.jp/)

 

西郷どん、連載のお話がベースになるんですね!

しっかり本になっているものかと思っていました。

連載のお話からドラマになるなんて、

よっぽど面白い内容の連載小説なんですね!

 

 

●「西郷どん」の脚本家

2014091900068_1

(出典:http://ot.asahi.com/)

 

【中園ミホさんプロフィール】
脚本家。東京都出身。ドラマ『ハケンの品格』で放送文化基金賞、『はつ恋』『Doctor-X 外科医・大門未知子』で向田邦子賞、橋田賞受賞。連続テレビ小説『花子とアン』等、数々の話題作を執筆。

(出典:http://www6.nhk.or.jp/)

 

色々と調べると、

中園ミホさんが脚本のドラマ、

私結構見てる事に気付きました。

・やまとなでしこ

・下流の宴

・花子とアン

この3つめちゃめちゃ好きで毎週見てましたね。

そして母はドクターXシリーズが大好きで。笑

どれもこれも結末が素晴らしいというか、

面白かったです。

そんな超有名な中園ミホさんと林真理子さんが作る

「西郷どん」、

間違いなく面白いものになりそうです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

私、正直歴史ものはあまり観ないんですが、

このお二人の作る西郷どんは

是非観てみたい!とめちゃめちゃ思いました。

キャストもまたわかり次第あげたいと

思います^^

2018年、楽しみですね!

西郷どんに期待です☆

 

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。