産後の偏頭痛の対処法!④

この記事は3分で読めます

では、今回は産後の偏頭痛の対処法④

ということで、

様々な偏頭痛対策を行ってきた

その後(今現在)について

お話したいと思います^^

 

スポンサードリンク

【産後12か月〜】

偏頭痛が酷かった時期、

産後3ヶ月〜8か月頃は、

本当に

“一生このままだったらどうしよう”

と悩みました。

緊張型頭痛の様に薬を飲めば

すぐに治るものだったらまだ

良いのですが、

偏頭痛は一度痛くなると

時には数日間、その痛みが続く事も

あるのです。

その痛みが続くときは

もう何もする気にならないですし、

何より息子に申し訳なくて

たまりませんでした。

どうしてもしんどい時は、

実家から母が来て

息子の世話をしてくれる事も

度々ありました。

そして、改めて出産の大変さを知り、

次の出産をためらってしまうほどでした。

ですが、身体は常に変化しており、

ずっと同じ状態が続く訳ではなく、

(※産後の偏頭痛の場合に限ります

偏頭痛は他の要因でも起こりうる病気です)

特に女性の身体はライフステージごとに

変化しやすいものであることも

色々と調べて学びました。

 

8か月頃から

徐々にマシになってきた理由として、

薬やサプリメントを服用した事も

挙げられると思うのですが、

あと2つ、大きな理由があります。

1つ目は、授乳回数が減った事です。

偏頭痛の対処法①でもお話しましたが、

授乳を促す時に出るホルモンが、

偏頭痛を抑えてくれるホルモンを

抑制させてしまうという事、

つまりこの“抑制”が

減るからだと考えます。

7、8か月頃といえば

徐々に乳離れし、

離乳食も軌道に乗ってくる頃なので、

赤ちゃんも自然と

おっぱいを欲しがる回数が

減るんですよね。

2つ目、月経が再開した事です。

あからさま頭痛が減った!という

感じでは無かったのですが、

要は、月経が再開し、

周期が整う事により

身体がやっと産前の状態へ戻っていく

という事なので、

偏頭痛の頻度も減ったのかなと

思っています。

そう考えると本当に出産は大変!

身体が元に戻るまで、1年近くの

時間が掛かるんだなぁと、

なんだか感心してしまいました^^;

 

スポンサードリンク

そして今現在(産後1年1ヶ月)は

どうなっているかというと、

月経周期は整っており、

その周期に合わせて

偏頭痛がやってきます。

よくある“生理前症候群(PMS)”という

ものですね。

そのPMSが、

産前よりも顕著に

現れるようになりました。

生理直前くらいから

偏頭痛が始まり、

生理中ずーっと痛いとか

いうわけでは無いのですが、

生理の始まりから終わって1週間後くらいまで

1〜2日おきくらいに痛くなります。

毎月こんな感じかっていうと

これも結構まだらなのですが、

ただ言えるのは

生理始まりからその後1週間ほどは

何かと敏感になっています

なので、

液晶の光

階段の上り下り

など、とにかく

目から受けるストレスや、

血圧が上がる様な事をすると、

いつも以上に簡単に

痛くなってしまいます。

偏頭痛に敏感になっている時期は、

あまり長時間テレビやネットを見ないとか、

屈伸運動を避ける、

人ごみに行かないなど、

行動でも対策をしています。

 

あとは、規則正しく生活することや、

食事を偏り無く摂る事など、

そういった事も予防に繋がるので、

実践しています。

 

こんな風に、今現在でも

偏頭痛に悩まされる事はありますし、

週1くらいで痛くなってますかね。

でも逆に、

頭痛持ちだったけど、

出産したらそれが解消された

という人も居られるようです。

 

先ほどもお話しましたが、

女性の身体は変化します。

なので、もし私と同じ様に

産後の偏頭痛で悩まれている方が

いらっしゃったら、

是非この記事で少しでも

前向きな考えをして頂けたら幸いです^^

一緒に乗り越えましょう!

 

では、産後の偏頭痛については以上です!

 

ではまた〜(^^)ノ

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。